電子カルテを導入すればスタッフが喜ぶ|病院の必需品

  1. ホーム
  2. ムダのないレジシステム

ムダのないレジシステム

タブレット端末

導入コストは調整できる

小売りや治療院などの料金計算に欠かせないレジは、posシステムの導入が一般的となり、お会計のほか様々なデータ管理に活用されています。データの種類は商品だけでなく顧客や勤怠管理にも対応できますので、posシステムの機能を十分に理解し、使いこなすことが大切です。これまでのレジは大型の機械が中心となっていましたが、近年はコンパクトなタブレットposの導入が広まってきています。タブレットposは見た目がスマートでありながら、多彩なオプションが選択でき、パソコンとレジが一体化したレベルの機能です。注目すべきはコンパクトな点だけではなく、利用開始前と後のコストが抑えられることでしょう。タブレットは市販品のものが転用可能ですので、安価なタイプは3万円以下、新品でモデルが新しくても10万円以内に収めることが可能です。このほか、カード決済端末やスキャナーは、セットで30万前後になることもありますが、レンタルは1台あたり月額5千円前後でも利用できます。ソフトウェアはオプションの追加により料金が発生するシステムで、ベースのposレジソフトは5千円から1万円前後です。コンパクトなタブレットposは従来のレジスペースが縮小できるため、導入の際は本体とネット接続のみでもスタート可能となっています。不足分はあとから追加でも間に合いますので、最初からコストをかけてすべて揃える必要がありません。営業中に不足分をピックアップし、優先順位を付けて追加するのも準備の工夫です。